志士議員活動情報

【今日のつっちーより転記】6.13石原都知事答弁を聞いて

土屋議員の大人気!ブログ【今日のつっちー】より転記
http://cgi.www2u.biglobe.ne.jp/~t-tutiya/cgi-bin/diarypro/diary.cgi?no=94

———————————————

私の一般質問に都知事は答弁してくれた。それは予想以上のものであった。

まず、都議会議員というよりも憲法学会会員の立場における私の憲法理論の主張について、都知事は全面的にその通りだと答弁したことは、これまでの都知事が示した憲法観を都議会本会議において初めて正式に表明したことになり、この歴史的意義は重い。

つまり、占領憲法は憲法としては無効であり、帝国憲法第76条第1項により講和条約の限度で効力があるに過ぎないとする真正護憲論(新無効論)に基づき、この講和条約たる占領憲法を破棄すればよいとする見解を改めて示したことになる。

これまで、都知事は、憲法改正ではなく、「歴史的に無効な憲法の破棄を」(平成24年3月5日付け産経新聞「日本よ」)と主張してきたが、そのことの意味は、「無効な憲法(であり講和条約で有効なものに過ぎないもの)の破棄」ということの省略形である。そもそも無効なものは破棄する必要がない。というよりも、無効なものには実態がないのであるから破棄することもできないと言ってもよい。だから、都知事は、明らかに理論的には真正護憲論に立っているということになる。それが今回、公式に明らかになったのである。

さらに、これを補強するものとして、作家でもある都知事は、こんなすばらしい比喩を用いた。それは、破棄という言葉が過激であるというのであれば、男女が「別れる」ということに置き換えてもよいという旨の発言である。「別れる」というのは、相手がなければできない芸当である。だからこそ、占領憲法は相手のいる「講和条約」であるということになる。もし、占領憲法が相手のいない自己完結的な憲法であるなら、「整形手術」とか「臓器移植」という言葉で「憲法改正」のことを喩えたに違いない。
まさに、連合国との別れとは、講和条約の破棄である。ここから我が国の再生の第一歩が始まる。

政治家の言葉は、必ずしも正確な法律的表現でなくてよい。平易で明確な発進力のある言葉でよい。それが都知事の発した「別れ」であり、祖国が真の自主独立を実現するための力のある言葉であるとしてこれを噛みしめ、全国津津浦々に届けて行きたい。祖国再生に向かう大きなうねりが始まったのである。

土屋たかゆき議員

 

 

 

 

 

 

東京都議会議員 土屋敬之

野田議員 占領典範・占領憲法無効請願 東京都議会決起集会

平成24年6月8日
占領典範・占領憲法無効請願 東京都議会決起集会


野田議員

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【写真】東京都議会 野田かずさ議員
http://www.kazusa-noda.com/

————————————————–

帝国憲法の復元改正を求める
「占領憲法と占領典範の無効確認決議を東京都議会に求める請願集会」

平成24年6月8日 東京都議会6階会議室において

「法律的に帝国憲法は今も生きている」と主張する南出弁護士と土屋都議を中心に、
帝国憲法の復元改正を求める「占領憲法と占領典範の無効確認決議を東京都議会に求める請願集会」が行われた。

賛同した、けんむの会 会長 佐藤一彦(素心)吉水神社宮司
西田昌司参議院議員、
西村眞悟前衆議院議員、
ドクター中松氏、
三宅 博元八尾市議会議員
遠藤健太郎氏らが集まり、150名収容の会場は満席となりました。

13日には東京都議会において、
土屋都議が石原都知事の憲法発言と領土問題に対し質問をし、石原都知事が答弁を行った。

この日、東京都は「占領憲法と占領典範の無効宣言都市」となる。

 

土屋議員 占領典範・占領憲法無効請願 東京都議会決起集会

平成24年6月8日
占領典範・占領憲法無効請願 東京都議会決起集会

土屋議員

【写真】東京都議会 土屋たかゆき議員
http://www2u.biglobe.ne.jp/~t-tutiya/

—————————————————

帝国憲法の復元改正を求める
「占領憲法と占領典範の無効確認決議を東京都議会に求める請願集会」

平成24年6月8日 東京都議会6階会議室において

「法律的に帝国憲法は今も生きている」と主張する南出弁護士と土屋都議を中心に、
帝国憲法の復元改正を求める「占領憲法と占領典範の無効確認決議を東京都議会に求める請願集会」が行われた。

賛同した、けんむの会 会長 佐藤一彦(素心)吉水神社宮司
西田昌司参議院議員、
西村眞悟前衆議院議員、
ドクター中松氏、
三宅 博元八尾市議会議員
遠藤健太郎氏らが集まり、150名収容の会場は満席となりました。

13日には東京都議会において、
土屋都議が石原都知事の憲法発言と領土問題に対し質問をし、石原都知事が答弁を行った。

この日、東京都は「占領憲法と占領典範の無効宣言都市」となる。

 

 

仲間議員 沖縄・石垣市の市議会議員、尖閣諸島の北小島に上陸(12/07/07)



沖縄・石垣市の市議会議員が5日、
尖閣諸島の北小島に上陸した際の島の様子を映した映像を、FNNが入手した。

尖閣諸島の北小島に上陸したのは、石垣市の仲間 均市議ら2人。

仲間市議らは5日朝、石垣市を出航し、
午後4時ごろ尖閣諸島・北小島に上陸、生態系の調査などを行った。

北小島は、かつて天然記念物のアホウドリなど、鳥類の楽園となっていたが、
乱獲などの影響でその数は一時激減していた。

しかし、5日の映像では、カツオドリなど、多くの鳥たちが空を舞い、
たくさんのひな鳥の姿も確認されている。
仲間市議らの今回の尖閣諸島上陸については、
日本政府が正当な理由なく上陸することを禁じていることから、
今後、国内外で波紋を呼ぶことになるとみられる。

転記元:-
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00226930.html

「拉致された国民」の救出・領土の奪還・憲法の復権 土屋たかゆき氏

YouTube Preview Image